HOME>特集>そこならではの使い方で業務の効率化も実現出来ます

導入のために基本的な事を知ろう

システム

業務で社用車を利用する事がある、常に道路の混雑状況を知りたい等という人たちの悩みごとを解決に導く、テレマティクスというシステムをご存知でしょうか。テレマティクスは、一般乗用車や商用車に通信システムを搭載し、GPSや管理者側のシステムを連携させて様々な情報を相互女真する事を可能にしたシステムです。このシステムにより、GPSから常に最新の混雑情報が入ってきたり、オフィスの管理者パソコンとメールの送受信等を行う事が出来たりします。逆に車内のテレマティクス側からは、GPSによるその車の走行状況が入ってきて、そのデータを管理者パソコンに蓄積させる事等が可能です。

実際どのような使い方をされているか

では実際にこのテレマティクスは、どのような使い方をされているのでしょうか。まず、毎日社用車を走らせるような企業で、運転日報を作成しなければいけない企業等では、これを自動作成するという活用法が見られます。今まで手書きで、車の運転から帰社した後に作成してきたものが、リアルタイムで自動的に作成出来るので、大幅な業務の効率化につながります。それ以外にも、テレマティクスで送信された走行データにより、その人の運転の特徴が分かるシステムを利用したり等、ユニークなシステムも次々開発され、実際の企業等への導入も進んでいるようです。

広告募集中