ビジネスチャットとは

SNSと同様なインターフェースで手軽に連絡が取れるとともに、業務管理が可能なコミュニケーションツールです。

職場でビジネスチャットを利用するとメリットたくさんです!

SNSのように使える手軽さ

チャットのように手軽に扱え、連絡の際の心理的なプレッシャーが少ないメリットがあります。

会議がいつでもできる

音声、ビデオ通話でグループ会議が可能であり、場所を問わずにすぐに会議をできます。

タスク管理が可能になる

タスクの進捗状況やグループ内の情報共有により、効率的なプロジェクト管理が可能です。

メールよりも効率的に使える

ビジネスチャットはSNSと同様に即座に連絡事項を伝え、メッセージの編集、削除可能なので誤送信対策も強力です。

プライベートツールである点

ビジネスチャットなら社内ツールよりもセキュリティが高く、機能制限などにより情報を漏洩を防ぐ機能があります。

遠隔会議をするときなどに使えるサービス

オンラインチャット

ビジネスチャットツールは関係者とコミュニケーションを取るときに利用します。これはSNSのような利便性の良さが魅力的な商品で業務の効率化をできるのがメリットです。一般的なチャットのようにお手軽に連絡を取り仕事効率をアップさせます。基本的にチャットはテキストで行うのですが、場合によっては映像を使用した遠隔会議なども可能です。プレゼンテーションをしたり全体会議などをするときに重宝するでしょう。ビジネスチャットツールは機能面も充実しています。例えばパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも利用できるのが強みです。IPアドレスでアクセス制限を設定することもできます。これにより会議に出席する人を限定できるのが魅力です。

機能により価格は変化する

PC操作

ビジネスチャットツールを利用するときに注意しておきたいのが価格面です。基本的に利用金額の高いビジネスチャットツールほど機能面が重質しています。安いものだと年間6,000円程度で利用できるものもあります。必要最小限の機能が装備されているので小規模なビジネスを行っている企業におすすめです。効率化をするために社内SNS機能やタスク管理機能など充実しているビジネスチャットツールは、月額6万円くらいするものも用意されています。

セキュリティや連携力のあるものが人気

PC操作

企業において内部情報が漏洩するのは大変危険です。そこでビジネスチャットツールを利用するときはセキュリティ対策をしっかり行っているものを利用しましょう。基本的にセキュリティ対策が万全なものは安心感があるので非常に人気です。さらに現在使用しているツールと連携できるものも人気があります。例えばループウェアや営業支援ツールなどと連携できるものなら業務効率もぐんとアップするので評判が良いです。データの二重入力などのミスも防ぐ事ができるでしょう。

広告募集中